前へ
次へ

法律上の効果が生じる、結婚制度

結婚ないし婚姻とは、男女が互いに婚姻届けを役所等に提出することによって、法律的な身分関係が成立することとされています。
男女関係において、当事者の一方の姓を名乗ることが認められたり、財産分与に関しても法的に認められるのが婚姻制度の特色となっています。
 婚姻は、基本的には男性は18歳以上、女性は16歳以上からできることになっています。
ただ、令和4年(西暦・2022年)4月以降からは、男女ともに18歳以上でなければならないとされています。
単に、男女が友人関係にある場合は婚姻関係とはいわず、内縁に関しても同様のことがいえるようです。
また、婚姻関係にある場合は、例えば夫が妻の財産を勝手に使ったときは、「親族相盗の例」(刑法244条1項)により、刑の免除が適用されることになります。
窃盗未遂であっても、同様に刑が免除されることになっています。
 また、婚姻関係にある当事者は、例えば、夫が死んだ場合、妻に子供がいるときは、遺族年金等の適用を受けることもあります。
また、夫が不慮の事故で死んだ場合等、予期しない出来事が起きたときは、妻は相続財産の半分を受給できる権利が自動的に付与されることになっています。

国際結婚したいベトナムの女性との仲介サービス
日本人男性との結婚を希望する方のみをご案内しています

仲人をしてみたいという方の募集も行っています

大阪の老舗ウェディングドレスサロン
50年実績のレイコ・森にぜひご依頼ください

結婚相談所リーブは神戸で婚活する方におススメです
性別や年齢、業種に関わらず真剣に婚活をするすべての方々をお手伝いします。

梅田の結婚相談所リーブ大阪店
プラス思考と行動力が高いチーフアドバイザーがあなたの婚活をしっかりサポート!

Page Top