前へ
次へ

宗教別の、結婚制度の在り方について

結婚ないし婚姻とは、夫婦になることが初めて認められる制度とされています。
日本の場合は、一夫一妻制度となっており、男性あるいは女性は、婚姻関係が成立した場合、基本的には当事者以外の異性と新たに婚姻関係を築いてはならないとされています。
これに対して、一夫多妻制度というものも存在しています。
 一夫多妻制を採用しているのは、イスラム教徒(北アフリカや中東、ユーゴスラビアの一部や中央アジア)の場合です。
アメリカ合衆国においては、モルモン教(末日聖徒イエス・キリスト教会のことで、ジョセフ・スミスが創設者です。
一夫多妻制は、神により承認された行為とされていたそうです)もこの立場を取っていたそうです。
 イスラム教徒における婚姻制度は、同教徒同士の婚姻が必須条件とされており、異教徒同士では成立できないことになっています。
また、同教では、婚姻は、人間同士の契約関係として扱われます。
イスラム教の礼拝堂(モスク)において、指導者(イマーム)が執り行うのが一般的とされます。
 キリスト教の場合、イスラム教徒と違って、信者同士でなくても婚姻はできることになっています。
ロシアや東欧で布教されている正教会の場合は、婚姻は厳正なものとされており、機密扱いとなります。
そのため、イスラム教と同じく、信者同士でなければ成立できないことになっています。
また、ユダヤ教では、独身男性は半人前とされ、結婚は神聖視されます。

Page Top